トップページ      店舗案内      バイオリズム      婦宝当帰膠      大人のニキビ      板藍茶と板藍のど飴      愛徳コラム


国分寺市(立川市)のレディス漢方薬局、愛徳薬局


バイオリズム

トップページ  »»  バイオリズム  »»  素問・上古天真論  



中国では古来より【婦人以血為主】といわれ、女性は”血(けつ)”が何より重要とされます。豊かな”血”が体を十分に巡ることで、美しく健康な体をつくるのです。中国の女性は月経期には冷たいものをとらない、特に下半身を冷やさない、など体をいたわるのがとても上手です。その甲斐あって日本の女性より月経痛や子宮内膜症、子宮筋腫などがずっと少ないそうです。

中医学では、健康の基本は”気””血””津液”の調和だとしています。”気””血””津液”のバランスが崩れると、【病気】になるのです。

上表は中医学の基礎である、今から二千年も昔の「黄帝内経(こうていだいけい)(※)」という医学書の「素問・上古天真論」の考え方です。

       7才・・・成長が盛んになり、歯が生えかわり髪が伸びる。
       14才・・・(現代日本平均11±3)体が大人になり生理がくる。
       21才・・・からだの成長とホルモン分泌が共に整い成人となる。親知らずが生える。
       28才・・・筋骨が丈夫になり毛髪も最もきれいで、生殖機能も満ちている。
       35才・・・胃腸の働きが低下、顔に疲れやむくみが出始め、髪が抜け始める。
       42才・・・顔にしわやしみができ、白髪も増え始める。
       49才・・・(現代日本平均50±2)閉経、更年期。
※「黄帝内経(こうていだいけい)」は、中国の伝説の帝王である黄帝と、岐伯・雷公など何人かの学者との問答形式となっていて「昔のひとは百歳になっても衰えないと聞いたが、今のひとは50歳で衰えてしまうのは何故だろう?」という、黄帝の疑問からはじまる面白い本です。著作者は複数人という話です。

それでは月経のリズムにあわせて漢方薬を上手に活用する
「周期法」について、次のページをごらんください。
周期法へ






  ■  STORE

  ■  婦宝当帰膠

  ■  スキンケア

  ■  バイオリズム

  ■  愛徳コラム

  漢方相談薬局
  愛徳薬局は
  小金井市(国分寺)
  にあります♪
   貧血、冷え性
   生理痛、生理不順
   などの方、必読です!

  ■  板藍根

  ■  熱中症

  ■  大人のニキビ

   風邪・インフルエンザ
   の予防には
   板藍茶と板藍のど飴♪
   めまい・吐き気・だるさ
   けいれん・意識障害
   様々な症状を起こす
   熱中症の予防と対策!

  ■  いのち育む女性の眠り

   
生殖活動に伴う様々なホルモンが眠りに関与しています。